スポンサーサイト

2017.12.20 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    相原信洋七回忌 追悼映像展 元祖サイケデリックアニメーションのデジタルリマスター上映

    2017.04.26 Wednesday

    0

      [FINISHED]

      会場:ルーメン・ギャラリー(京都市下京区下鱗形町)http://www.lumen-gallery.com/index.html
      会期:2017年4月28日(金)〜30日(日)
      入場料:1,000円(ゲストトークは無料)

       

      上映スケジュール
      28日(金)19:00
      29日(土)17:00, 18:30(ゲストトーク), 19:00
      ゲストトーク:阪本 裕文(映像研究者)× 大西 宏志(京都造形芸術大学 教授)

      30日(日)16:00, 18:00
      ※各回 同プログラム

       

      相原信洋は、1944年に神奈川県に生まれ、デザイン学校で学んだのち、スタジオゼロやオープロダクションでTVアニメのアニメーターとしての仕事に取り組んでゆく。その一方で、1965年より個人としてのアニメーション制作も開始する。
      相原のフィルモグラフィーには、実験的なドキュメンタリーと呼ぶしかない『シェルター』(1980)および『マイ・シェルター』(1981)や、家屋の壁面や屋根に映写機からの映像を投影する『リンゴと少女』(1982)、女性のヌードと夕暮れの野原が多重露光される『とんぼ』(1988)など、異質性を持った作品が幾つも存在する。安易な分類や解釈を拒否する、狭義のアニメーション作家にとどまらない異質性を持ったアニメーション作家、それが相原信洋なのだと思う。(阪本裕文氏フライヤー寄稿文より抜粋)

       

       

       

      **********************************************

      スポンサーサイト

      2017.12.20 Wednesday

      0
        コメント
        コメントする