WIND CAFE 250 in 原宿:チェロ独奏による即興演奏と自作曲のピアノ弾き語り

2017.09.18 Monday

0

    会場:カーサ・モーツァルト(東京都渋谷区神宮前)地下鉄「明治神宮前」出口5徒歩2分/JR「原宿」徒歩5分
    http://casamoz.org/index.html
    日時:10月15日(日)14:00開場 / 14:30開演 / 16:50 パーティー+オークション
    ※出入り自由ですが、できるだけ開演時刻に遅れないようご来場ください。

     

    料金:入場無料(投げ銭方式) 差し入れ大歓迎!(特にお酒や食べ物)
    出演:森重靖宗(音楽家・チェロ奏者)
    プログラム:
    第一部 チェロ独奏による即興演奏
    第二部 自作曲のピアノ弾き語り

     

    ※おおむね毎年1回このイベントに招かれる森重靖宗。弾き語りはかなり強烈ですが、ピアノ(しかも90年前の)でやるというのは金輪際ありえません。

     

     

     

    ***********************************************

    エクスパンデッド・シネマ再考

    2017.08.26 Saturday

    0

      会期:2017年8月15日(火)— 10月15日(日)
      休館日:毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
      料金:一般 600円/学生 500円

       

      東京都写真美術館では、映像コレクションを軸に、映像メディアの歴史を振り返りながら、未来の映像の可能性を探る映像展として、「エクスパンデッド・シネマ再考」展を開催します。 「エクスパンデッド・シネマ(拡張映画)」は、従来の映画館等でのスクリーンへの投影とは異なった方法で上映される映画です。この上映形式は、1960年代半ば頃から欧米を中心に、美術家や実験映像作家によって展開されていきます。それは、今日では既に定着しているマルチプロジェクションやループ上映、 ライヴ・パフォーマンスをはじめ、同時代のインターメディアやアート&テクノロジーの状況と呼応しながら、 本来の映像がもつ多様性を再発見していく試みでした。本展では、「エクスパンデッド・シネマ」の誕生から様々な実験を繰り広げた日本の作品に着目し、その独自性と先見性を当館の映像コレクションを中心に検証していきます。

      [出品作家]
      松本俊夫、シュウゾウ・アヅチ・ガリバー、飯村隆彦、おおえまさのり、真鍋博、 城之内元晴、佐々木美智子、金坂健二、ジャド・ヤルカット
      そのほか、日本のエクスパンデッド・シネマの歴史的な関連資料110点を紹介します。

       

       

       

       

      ************************************************

       

       

      松籟夜話 第十夜

      2017.08.24 Thursday

      0

         

         

         

         

        ***************************************************