スポンサーサイト

2017.12.20 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    日本美術サウンドアーカイヴ - 堀浩哉《Reading Affair》

    2017.12.20 Wednesday

    0

      日時:2018年1月7日(日)15:00-19:00
      会場:三鷹 SCOOL (地図
      入場料:予約2500円/当日3000円 予約:メール info@scool.jp
      協力:ミヅマアートギャラリー

       

      上演作品:
      堀浩哉《Reading Affair》(1977年、ファリデ・カド・ギャラリー(パリ))再演
      堀浩哉+堀えりぜによる《Reading Affair》の新作

       

      レクチャー、トーク
      出演:堀浩哉、畠中実、金子智太郎

       

      「日本美術サウンドアーカイヴ」について

       

       

       

      *************************************************

       

      小杉武久 音楽のピクニック

      2017.12.13 Wednesday

      0


        会場:芦屋市立美術博物館(http://ashiya-museum.jp)第1展示室、第2展示室、エントランスホール
        会期:2017年12月9日 〜2018年2月12日
        休館日:月曜日(ただし1/8・2/12は開館、1/9は休館)、年末年始(12/28-1/4)
        観覧料:一般800円、大高生500円、中学生以下無料 ○フリーパス:一般:1,200円/大高生:800円

         

        ■関連イベント
        1.トークショー
        高橋悠治(作曲家・ピアニスト) 聞き手:川崎弘二(電子音楽研究)
        日時:2017年12月23日(土・祝) 14:00〜 *約1時間を予定
        会場:講義室
        定員:80名
        参加費:無料(ただし要観覧券)*要事前申込(締切12月7日(木))

         

        2.対談
        小杉武久(音楽家)×藤本由紀夫(アーティスト)
        日時:2018年1月13日(土) 14:00〜 *約1時間を予定
        会場:講義室
        定員:80名
        参加費:無料(ただし要観覧券)*要事前申込(締切12月25日(月))

         

        3.上映会
        各日13:30 -(開場13:00)
        会場:芦屋市立美術博物館 講義室
        参加費:無料(ただし要観覧券)
        定員:80名

         

        上映日時・上映予定作品:

        ◆プログラム1 2018年1月27日(土)
        「小杉武久演奏記録」*約3時間
        「朝日ニュース これが音楽だ!」(1961)/「Spectra (video version)」(1992)/「音の世界 新しい夏 芦屋市立美術博物館」(1996)/「二つのコンサート 国立国際美術館」(2009)

        ◆プログラム2 2018年1月28日(日)
        「現代美術とのかかわり」*約2時間
        城之内元晴「ハイレッド・センター シェルター・プラン」(1964)/ 城之内元晴「Wols」(1964/70s)/ 中谷芙二子「卵を立てる」(1974)※抜粋 / 池田龍雄「梵天」(1974)/ 島袋道浩「小杉武久さんと能登の桶滝に行く」(2013)/ 島袋道浩「小杉武久さんと能登の見附島に行く」(2013)

        ◆プログラム3 2018年2月10日(土)
        「PR映画・記録映画・科学映画」*約2時間
        松川八洲雄「ある建築空間」(1964)/ 北村皆雄「神屋原の馬」(1969)/ 康浩郎「オープン・スペースを求めて」(1970)/ 杉山正美「脳と潰瘍」(1971)/ 杉山正美「スキンカラー」(1974)

        ◆プログラム4 2018年2月11日(日)
        「マース・カニングハム舞踊団」*約2時間30分
        「スクエアゲーム・ビデオ」(1976)/「ローカル」(1980)/「チェンジング・ステップス」(1989)/「パーク・アベニュー・アーモリー・イベント」(2011)

         

        4.ギャラリー・トーク
        日時:2017年12月16日(土)、2018年2月3日(土) いずれも14:00〜 *約1時間を予定
        会場:展示室
        参加費:無料(ただし要観覧券)*申込み不要、直接会場へお越しください。

         

         

         

        ***********************************************

         

         

        吉田直哉 映像とは何だろうか - テレビ番組開拓者の思索と実践

        2017.12.03 Sunday

        0

          会場:武蔵野美術大学美術館 展示室3(http://www.musabi.ac.jp/access/)
          会期:2017年11月27日(月)-12月22日(金)(日曜日休館)
          時 間:10:00-18:00(土曜日は17:00閉館)
          入館料:無料
          主催:武蔵野美術大学 美術館・図書館
          共催:NHK

           

          本展は、NHKディレクターとして数々のテレビ番組を制作し、また本学では1990年の映像学科開設時に主任教授を務め、<全方位的な映像教育>という学科理念を打ち出した吉田直哉[1931-2008]が歩んだ足跡、映像表現へのまなざしを紹介するもので、吉田が制作したテレビ番組、著作をはじめ、番組制作のもととなった台本、原稿、写真などの周辺資料を一堂に展示し、吉田が映像というメディアをどのように捉え、実践に繋げていったのかを造形的な視点から紐解いていきます。
          吉田直哉は、NHKがテレビ局の本放送を開始した1953年に入局して以来、映像表現への妥協のない姿勢を貫き、その後のテレビ番組形式の先がけとなる多くの作品を制作しました。映像とはいかなる性質をもったメディアであるか、その魅力を最大限に引き出す方法とは何なのか、映像化する情報を視聴者に公正に届けるにはどうする べきか、など吉田は常に映像への質の高い思索を展開し、新たなテレビ番組のかたちに具現化しました。映像と正面から対峙し実践を繰り返すなかで見出した独自の視点、姿勢は、膨大な数の映像が日常的に消費される現代においてより一層重要に感じることでしょう。
          本展では、吉田の映像表現を造形的に紐解くキーワードを取り上げ、その思想の本質に迫っていきます。

           

          ※「日本の文様」「音の四季」など武満徹が音楽をつけた映像も流されているらしい。

           

           

           

          ***********************************************